FXの確定申告は儲かっても損してもしたほうがいい

FXの確定申告は儲かっても損してもしたほうがいい

毎年2月から3月の時に行われる確定申告は、前の年1年間の収入によって税金の額を決める物です。

会社等に勤めている人は年末調整を会社で行ってくれるので必要ありませんが、自営業の人や、前年の医療費が10万円以上だった人、住宅を購入した人などは忘れずに行う様にしましょう。

さて、そんな確定申告ですが、実はFXをしている人も申告する必要があるのをご存知ですか。
自分の元々の収入にプラスして、それによって得た利益はその人にとっての雑所得となります。

その為、実はしっかりとその金額を申告して税金を払う必要があるのです。

ただ、FX自体は必ず利益が出るという物ではなく、時には損失が出てしまう事も少なくありません。
その為、出た利益を全て申告するのではなく、現状では年間の利益と損失を計算して、利益が20万円以上出ている時は申告するように決められています。

ただこれはサラリーマンの場合であり、フリーターや主婦が行う時はまた金額が違ってくる事があるので、自分の場合は何円以上の利益が出ていたら申告する必要があるかを調べておきましょう。
また確定申告ですが、わざわざ税務署に行かなくてもインターネットを利用して簡単に行う事が出来ます。

必要な数字を入力すれば良いので、かなり手軽な方法と言えるでしょう。

国民の三大義務の一つである納税は、FXをしている時も関係してきます。
しっかりとその義務を果たす為にも、忘れずに利益が出ている人は毎年行う様にしましょう。