FXとは?ドルやユーロなどの通貨にレバレッジを掛けて行う取引

FXとは?ドルやユーロなどの通貨にレバレッジを掛けて行う取引

投資の手段の一つとして、FXと呼ばれるものがあります。
FXとは外国為替証拠金取引のことで、ドルやユーロといった通貨に対して投資を行うものを言います。

各国の通貨は経済状況などの様々な要因によって、その価値が常に変化しています。

例えばアメリカの雇用状況が改善されれば、米ドルへの注目が集まり価格が上昇します。
一方で貿易収支赤字が増えるなどすると、通貨も売られることで価格が下降します。

FXではこうした値動きを予想して、差益を得ることで資金を増やしていく投資方法なのです。

他の投資商品と違って、証拠金を入れることでレバレッジを上げることができます。
レバレッジは少ない資金で大きな取引を行えるようにする仕組みのことで、予想が市場と合えば利益を最大限に享受できるのもFXの魅力です。

FXの取引環境は現在ではかなり充実しており、誰でも簡単に始めることができるようになっています。

モバイル機器への対応も早く、以前はパソコンからしか取引ができませんでしtが、今では携帯電話やスマートフォンからも注文することができます。

口座開設には料金がかかることもなく、投資の初心者におすすめできるのが特徴です。

FX取引では、任意の通貨ペアが上がるか下がるかだけを予想します。
もし上がると思う場合には買いポジションを持ち、下がると考えられる場合には売りポジションを持ちます。

後は利益が出た時点で決済するだけでよく、株式取引のように数多くの銘柄の中から上がりそうなものを探しだすといった面倒さがない点も大きなメリットです。